2005年06月23日

ひょうたん栽培のポイント(1)

ひょうたんの育て方って意外と奥が深いというか手間が掛かるというか(それが面白いんだけど)、ちょっと分かりづらいですよね。私もはじめはよく分からんかったです。

なので、これからひょうたん栽培に挑戦するぞってな方のために、これまでに本やネットで調べて分かったことを箇条書きでまとめておきますね。
参考にどうぞ!


■タネまき・発芽
桜の散る頃〜ゴールデンウィーク頃に。
(できるだけ実のなる期間を多くするために早く蒔いた方が有利)
・タネまき用のビニールポットに2粒ずつまく。
20度以上の温度で発芽するので、発芽までは室内などに。
・発芽したらまわりをビニールで覆って防寒対策し、日当たりの良いところへ
・1つのポットに2本発芽したら育ちのよい方を残して1本間引く


■移植(植え替え)
・本葉が4〜6枚くらいになったらポットから定植する場所へ移植する。
・ひょうたんは肥料を非常に多く必要とするので、できるだけ大きな鉢や場所を用意し、あらかじめ多めに肥料を施しておく(ひょうたんは肥料が大好き)。
・できるだけ日当たりの良い場所に(ひょうたんは太陽が大好き)。
・5月いっぱいくらいまでは低温対策を必要とする。まわりをビニールで覆って防寒しておく(ひょうたんは寒さが大嫌い)。


■摘芯・整形
・“親蔓”が棚に届くまでの間に出てくる枝はすべて取り除く。
・棚上に届いた後は、棚上3節くらいで“親蔓”を摘芯して子蔓”を伸ばすようにする。
・“子蔓”も5〜6節まで伸ばしたら摘芯して孫蔓”を伸ばすようにする。
・以後、この“孫蔓”も5〜6節で摘芯してひ孫蔓”を伸ばす。
・ひ孫蔓やそれ以外の蔓も棚の端まで行ったり茂りすぎたら適当に間引く。

ひょうたんの実(雌花)は、親蔓よりも子蔓、子蔓よりも孫蔓によくつく。なので、漫然と伸ばしっぱなしにしていると葉っぱばかりが茂って実があまりつかない。
雌花は主に枝(子蔓・孫蔓・曾孫蔓)の第1〜第3節に着くそうで、これ以外の場所(先の方)につくのは雄花なので必要以上に伸ばしても意味がないとのこと



とりあえず、今のところはここまで!
また時期が来たら、今度は受粉や実の育て方、収穫などについてまとめますです。
posted by ひょうたん けい at 13:46| Comment(4) | TrackBack(1) | ひょうたん資料室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
栽培ポイント、ありがとうございます!ポイント2も楽しみです。ベランダでできる簡単な棚、知りたいです!うちは、市販のきゅうり用ネットを上からつり下げました。ひょうたんが大きくなったときがちょっと心配です。
強引な植え替えにもめげず、雌花があれから4個ほど咲きました。長女は6センチくらいに成長してます(1個は黒くなってしまいました、、、)。
今は雌花が咲くときは雄花もかろうじて咲いてくれてますが、同時に咲かなかった場合、受粉はどうしたらいいのでしょうか。閉じた雄花を無理矢理こじあけるしかないのでしょうか。それともペアでうまく咲いてくれるんでしょうか(そんな気もするのですが)?
Posted by ひょうたん初心者 at 2005年06月26日 23:25
ひょうたん初心者さん、こんにちは!
雄花と雌花のタイミングは、確かに合わない場合がありますよね。(私もひょうたんは今年初めてですが、ゴーヤなどで経験あります。)

複数の株があれば、花の開花時期もバラバラになって常に複数の花が咲いていてくれて楽なんですけどね。

「閉じた雄花を無理矢理こじあける」方法では、花粉がまだ未成熟で上手くいかない可能性が高いような気がします。それより、早く咲きすぎてしまった雄花を摘み取って冷凍保存しておいてみてはどうでしょう?
なんの植物だったか思い出せませんが、確かそのようにして受粉させる方法を本で読んだことがあります。
そこでは2週間程度なら保存できるとあったと思います。(受粉の成功率は下がるとありましたが。)

ひょうたんでうまくいくかどうか(ひょうたんは熱帯性の植物なので寒さに弱く、花粉も同様に寒さに弱いかもしれない)わかりませんが、人工受粉に使い終わった雄花や早く咲きすぎた雄花を冷凍保存でとって置いて試してみる価値はあると思います。
いかがでしょう?
Posted by ひょうたん けい at 2005年06月27日 11:09
 私は学校でヒョウタンを育てています。この「ヒョウタンブログ」あてにしてます!  
Posted by ひょうたん at 2009年05月15日 20:28
こんばんは。

はじめまして、今年 ひょんなことから

千なりひょうたんの 苗をもらい、

育てることになりました。

現在、うどんこ病になってしまい

最後まで育つか、心配しています。

また、雌花が咲いているのですが

雄花が咲かず、困っていたところ…

冷凍保存の コメント参考にさせて

もらいます。

実のなる植物を育てるって

とても楽しいですね。

私は、公道に面した所に

育てているので、通りすがりの

皆さんが、気づいて声をかけて

くださいます。

また、今後もブログ、楽しみに

していますね。

Posted by ひょうたん アンニョン at 2010年07月13日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

緑のカーテン 作り方 ネットの張り方の情報を紹介
Excerpt: 緑のカーテン 作り方
Weblog: 緑のカーテン 作り方についてまとめたブログ
Tracked: 2011-05-30 11:17
[ ひょうたんブログ トップページへ ]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。